膝・脚の痛み

膝・脚の痛み

お悩みこんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 階段の上り下りが辛い
  • 天気によって膝が痛む
  • 痛みで歩くのが辛い
  • 正座をするのが辛い
  • 外反母趾である
  • 捻挫しやすい

膝の痛みについて

膝の痛みの原因

肩の痛みの原因

膝の軟骨が擦り減る。
半月板や靭帯が損傷している。
歩きすぎて膝に炎症が起こり、水が溜まっている。

軟骨がすり減り始めた初期の膝の違和感や痛みは、1~2ヶ月で自然に軽快することがあります。正座やながら歩きを避け、体重をコントロールして、スポーツや立ち仕事など、膝の負担を減らすことが大切なのです。

膝の痛みの種類

変形性膝関節症
膝の関節の軟骨が擦り減り、膝の曲げ伸ばしに支障や痛みが出ます。椅子から立ち上がる時や正座をしたとき、歩く時などに膝に痛みを感じる場合には、変形性膝関節症である可能性が高いです。過去にスポーツなどで膝に負担を掛けていた方、靭帯や半月板を損傷したことがある方に症状が出やすいです。症状が進行すると、関節の軟骨がなくなり骨が露出するため、激しい痛みを伴います。
半月板損傷・靭帯損傷
スポーツなどの怪我が原因となる場合が多いですが、加齢により損傷することもあります。半月板は、膝関節のクッションのような役割をしており、損傷すると痛みや引っ掛かりを感じたり、水が溜まることがあります。
靭帯は関節の骨と骨とをつなぎ合わせており、損傷すると関節が不安定になるため、関節の軟骨に負担がかかりグラつきを感じるようになります。
放置すると、軟骨の損傷が進み、将来的に変形性関節症になる危険性があります。

脚の痛みについて

脚の痛みの原因

首の痛みの原因

脚を怪我すると、自然と痛い部分を庇った歩き方になってしまいます。その結果、身体の片方にのみ体重がかかり背骨や骨盤に歪みが生じることになり、脚や膝に影響が出てしまいます。

捻挫や外反母趾などの他、むくみや疲労の蓄積など、脚の痛みの症状は様々です。

脚の痛みの種類

捻挫
階段を踏み外したり、転倒時に関節に無理な力がかかってしまった場合に起こります。関節が可動域以上に伸びたり曲がったりすると発症します。
そこまで痛みがないからと言って放置すると癖がついたり完治しなくなってしまいます。
外反母趾
親指が小指の方向へ曲がって変形していく症状が生じます。主に女性に見られる症状で、よくハイヒールが原因と言われますが、ハイヒールなど締め付けの強い靴を履いていなくても発症する場合もあります。

気軽にお問い合わせ・ご相談ください気軽にお問い合わせ・ご相談ください気軽にお問い合わせ・ご相談ください

ひだまり整骨院

受付時間受付時間
9:00~12:15 × ×
15:00~19:45 × ×

▲ 14:00~19:45 △9:00~14:45 ※日曜・祝日は休診日です。

所在地所在地

〒114-0031
東京都北区十条仲原1-2-14はっとはうす1−B

ご予約・お問い合わせは
TEL03-3909-4889
お問い合わせページはコチラ

気軽にお問い合わせ・ご相談ください

症状や治療の質問・相談など一人で悩まずご相談ください

TEL03-3909-4889
受付時間

9:00~12:15
15:00~19:45
時間外の際はコチラから
お問い合わせページ

ひだまり整骨院

ひだまり整骨院

〒114-0031
東京都北区十条仲原1-2-14
はっとはうす1−B

MAPMAP

受付時間受付時間

9:30~12:15 15:00~19:45
×
×
× ×
  • ▲14:00~19:45
  • △9:00~14:45
  • ※日曜・祝日は休診日です。